<第6回Housing@うぉっち>虹をこえて瑞穂へいこう 【その⑤】

  15, 2010 00:00
■■ IONA's Library さま ■■

<全体図> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-5-1_20100615234024.jpg

城パーツの壁使いが印象的なこちら。
ミステリアスな雰囲気ですねぃ。

<1階内部> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-5-2_20100615234020.jpg

図書館という名前の通り
たくさんの本を展示されていますです。

<2階内部> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-5-3_20100615234014.jpg

中央に立ち並ぶ本棚などが雰囲気を盛り上げてるです。

<3階吹き抜けの様子> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-5-4_20100615234013.jpg

圧倒的な存在感です!
ここに納められている本は期待できそうと思わせますね!

<入り口>
6-5-5_20100615234011.jpg

入り口では怪しい黒猫がお出迎え。
雰囲気に合ってますです!

<ポイント>  
6-5-7_20100615161455.jpg

本のテーマに合ったコーナーが設けられていて
それを見ているだけでも楽しいです!

<中央本棚部分> 
6-5-8_20100615161455.jpg

<紫の小部屋>
6-5-9_20100615161454.jpg

城パーツで固められている中
はっと目を引く紫色のカーテン。
それがまたミステリアスな雰囲気をかもし出し…
色の効果がよく出ていますです!

<壁掛け時計と2重扉>
6-5-6_20100615234011.jpg

隠し扉には壁掛け時計が飾られていました。
右の2重扉が可愛いなー

<お隣の展示場>
6-5-10.jpg

お隣の建物も本の展示場となっております。
こちらは天井もなく解放的。
図書館と同じ雰囲気のため違和感もないです。

<ハロウィンランタン>
6-5-11.jpg

こちらの展示場の入り口には
ハロウィンランタンが飾られていました。
SA盗みレアの枯れた木を染色して怪しげな雰囲気に。


■■ どっつの感想 ■■

とにかく壁パーツの使いかたが素敵です!
オーナーさまは周りの方に
「壁使いの荒い猫」と呼ばれているそうで(`・ω・´)ナットク!

一見、ややこしい構造に見えますけども
歩いてみるとそうでもないのです。
本もコーナーごとに配置されて見やすいです!

古城を図書館にした…そんなイメージ。
場所もアンブラからすぐということで
周りの雰囲気ともぴったりでした。
アンブラには古城が良く似合うです(・∀・)

0 Comments

Post a comment

What's New