<第6回Housing@うぉっち>虹をこえて瑞穂へいこう 【その⑦】

  28, 2010 00:15
■■ Seibu Kaitaku Jidai Mura さま ■■

<全景> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-8-1.jpg

ぱっと見てテーマのわかる
この雰囲気作りは素晴らしいです!
建物の配置にも拘りを感じます。

<酒場> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-8-2.jpg

樽とベンチで組まれたチェストや
カウンターの煙がモクモクしているタバコ
雰囲気ありますです!

<宿屋> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-8-3.jpg

飾りすぎていないので
ここが自身の寝室ではなく宿であるのを
物語っている気がしますです!

<倉庫と作業部屋> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
6-8-4.jpg

建物の2階や周りを取り囲むように
ランダムに配置された樽
蓋つきのもの、蓋のないもの、割れているもの
このバランスが素敵。

<酒場入り口>
6-8-9.jpg

入り口の雰囲気が好き。
木箱もたいまつも合ってますねぃ!
壁に立てかけられた
色と大きさの違う引き伸ばした皮の置物。

<馬小屋ぽいとこ>
6-8-5.jpg

屋根にはさりげなく鳥の巣とか
顔だけ出ている馬とか。
主張しすぎてないんだなぁ。

<武器庫>
6-8-6.jpg

ここね、横に歩けないのです。
それがまたいいのです。
見せるためのスペースという感じ。

<井戸>
6-8-7.jpg

小さな井戸が可愛いです。

6-8-10.jpg

こっそりSS撮影していましたら
オーナー様にお会いしましたです。
屋上部分をさらに改装予定とのことで
とても楽しみ!

**この後オーナー様を出雲へ拉致**
お付き合いありまとうございました(・ω・)ノ

■■ どっつの感想 ■■

個人的に大好きなお宅なのです。
テーマのある家って
カスタマを楽しんでいるなと思いますです。
映画のセットみたいじゃないですか?
18*18のスペースに小さな街がある。
ここから物語が始まりそうな、そんな感じ。
木のカスタマパーツの暖かさと
ノーマルカラー家具の素朴さ。
地味スキーどっつの大好物です←

飾りすぎていない絶妙なバランス。
カスタマハウスのごちゃっとした感じが
苦手な人でも
こんなシンプルで使いやすく
センスのいい家なら住みたいと思うはず!

0 Comments

Post a comment

What's New