<こっそりご紹介@IZM> KONA-YA さま

  28, 2010 00:00
今回ご紹介するのは
以前もご紹介した
そして今後も何度もご紹介するであろう←
KONA-YA」さまです。

定期的にテーマに沿ったカスタマをされていますです。
発想も技術もすばらしいので
ファンもいっぱい!(`・ω・´)
感想を書き込む本の1番カキコを次こそ狙う←


それではいってみようです!(・ω・)ノ


今回のテーマは「横溝ワールド
20100728-0.jpg

な・・・ぜ・・・横溝先生・・・?

疑問に思いましたけども。
この季節、怪談やオバケ屋敷など
ひんやりを求める人も多いからかなと、勝手に納得。

<全景> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
20100728-1.jpg

田舎の旧家を思わせるですね。
池にかかった桟橋が良い感じです。

<1F部分> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
20100728-2.jpg

独特の形状をした1F部分
導線はスムーズです。

<2階部分> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
20100728-3.jpg

もう明かに事件起きてますです…
白昼の惨劇が!きっと!

<ポイント> クリックでおっきくなるよ!(・ω・)ノ
20100728-4.jpg

まるで平屋建てに見えますけども
実は丸で囲んだ建物は全て2階です。
上のSSを見ていただければ分かると思うです。
繋ぎが自然すぎる・・・
右下の蔵(牢屋)の下部分だけ見えているのが
さらにうまいなぁと思わせるです。

では。

細かい部分を見て行きましょうです(。・ω・)ノ

20100728-8.jpg

色とりどりの花に囲まれた鎧人形
1階の奥に祀られているのもあるです。

20100728-7.jpg

血。ち。チ。
どこもかしこも血だらけなのです
事件だよぉぉぉ何が起きたのぉぉぉぉヽ(;´Д`)ノ

20100728-9.jpg

左:軍手が可愛い
中央:帯と瓦礫の草を使った生け花が素敵
右:壁の一部にチェストを使っているです

20100728-6.jpg

そして一番上まで行って
足を踏み外すと・・・
出れないです・・・
ここに来てしまったら自分クリックで脱出を!

20100728-5.jpg

桟橋・池・水車部分がとても可愛いです
この静かな外観と中の血まみれ内装のギャップが
とても良いバランスで楽しめますです。


■■ どっつの感想 ■■

今回もとっても楽しいカスタマでした!
うまいなーとしか言葉が出ませんです。
そしてせっかくの拘りのテーマなのですけども
どっつはあいにく、横溝作品は
犬神家と八墓村くらいしか知らないので
細かいネタが分からない(´;ω;`)ブワッ
逆さ水死体があれば・・・ぐぎぎ←

ネタは分からずとも楽しめましたけども!

カスタマの構造や技術もさることながら
他の人がやらないであろう←
マニアックなものに挑戦する
アイデアとか遊び心が素敵です!

次回作も楽しみです!
眼福でした(`・ω・´)

4 Comments

Thu
2010.07.29
18:22

あんじ  

今回も素晴らしいカスタマですね…。
さすがKONA-YAさまだぁ…。

帯を使った花器は脱帽モンですよね?!

2010/07/29 (Thu) 18:22 | EDIT | REPLY |   
どっつ">
Fri
2010.07.30
00:05

どっつ  

そうなのですよ!

定期的に完成度の高いカスタマをするなんて・・・
どっつには到底マネできないです・・・

今後もKONA-YAさまをストーキングするので
新しい家が建てば紹介するですよ!

しかしすごいわぁ・・・

2010/07/30 (Fri) 00:05 | どっつさん">REPLY |   
Fri
2010.07.30
18:06

くろねこ  

あたしも横溝ファンのひとりなり。

あはは。横溝好きなのねー(^人^)
テーマの方向性が決まってるカスタマは、あたしも大好きなりよ。

離れにある土蔵風の建物は、内部が座敷牢になっているから、
作品のモチーフは獄門島かしらね。
鍾乳洞の白骨化した鎧武者オブジェも、
横溝ファンならすぐに八墓村なりね!って分かるのが素敵だと思うわ。

映像化された横溝作品の中でも、あたしがすごいなぁーって思うのが、
市川崑監督の初期の犬神家の一族かしらね。
犬神佐兵衛の遺言書読み上げのシークエンスは秀逸。
原作そのままの映像でびっくりなのだ。

2010/07/30 (Fri) 18:06 | EDIT | REPLY |   
どっつ">
Sat
2010.07.31
00:44

どっつ  

さすがー!

くろねこさん、さすがだわー。
オーナーさまが見てくださったら
きっと喜ぶ感想ですw

元ネタが分からなくても楽しめるのですが
分かっていたほうが一層楽しめますものw

どっつの拙いレポートでこの家の魅力が伝わるか不安ですけども
とーっても楽しい家でしたよぅ♪

2010/07/31 (Sat) 00:44 | どっつさん">REPLY |   

Post a comment

What's New